鋳物・金属加工から組立完成まで一貫生産に対応可能

サント機工株式会社

福利厚生

サント社員旅行2019

投稿日:2019年6月11日 更新日:

2019年6月8日 午前9時、1台のバスが会社を出発しました。

行き先は、岡山。5年ぶりに社員旅行に行ってきました!!!!

出発とともに、ビール🍻の開く音、「乾杯~」と騒ぎ出す声、「お菓子あるか~?」という旅行委員さんの気配りの声。にぎやかな旅の始まりです。

 

会社を出発して、まずは赤松SAでトイレ休憩。赤松と言えば、コロッケですね。

早速買っている人が・・・SAの買い食いってなんて美味しいのでしょう✨✨✨

続いて、瀧野西SAで、トイレ休憩。トイレがお城仕様になっていました。

 

12時過ぎ、倉敷ステーションホテルの「瀬戸内料理 白壁」にて、昼食です。

 

岡山の名物「ままかり」

酢漬けのままかりが酢のものになっていて、さっぱりと美味しかったです。

倉敷ステーションホテルから歩いて10分ほどのところに、白壁と瓦屋根が印象的な建物が軒を連ねる「倉敷美観地区」があります。ここで自由散策。心配していたお天気も、雨雲はどこへ行ったのやら。帽子や日傘が必要なほどの日差しに恵まれました。

白壁の屋敷や蔵、掘割りの水面と柳並木、町家が並ぶ情緒豊かな風情は、倉敷ならでは。

そして、岡山はフルーツも有名です。桃のパフェにマンゴーのパフェ、バニラアイスの乗ったクレープ。お昼ご飯もたくさん食べ、お腹いっぱいのハズが、これは別腹♬ あっという間に完食✨✨✨

 

続いて向かったのは、「岡山城」

【宇喜多秀家が岡山城の象徴に建築した三層六階建ての望楼形天守閣で、城郭建築物に天守閣が出現して発展し始めた時期の構造的特徴を伝えていました。城主の権威を象徴する書院造りの居間(城主の間)が設けてあり、初期の天守閣の性格を物語っています。昭和20年の空襲で焼失しましたが、昭和41年に再建され、城主の間も復元されています。】(※HPより引用)

【西向きの城構えのため、旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀に活用しています。】(※HPより引用)

岡山城を後にし、本日のお宿「岡山ワシントンホテルプラザ」へ。一旦チェックインをして、荷物を置いたら、夜の宴会場へレッツゴーーーッ!

歩いて10分ほどのところの「和さび 岡山店」にて、夜の宴会の始まりです。そこにはサプライズゲストが! 弊社の卒業生のチャウさんが奥様と一緒に、夜の宴に参加してくれました。チャウさんは卒業後、一旦ベトナムに帰り、また日本に来て、岡山で働いているそうです。久しぶりの再会に、顔もほころびます(^^)

1軒目の和さびを後に、ここからは各自、好きなところへ、行きたいところへ行っちゃってください! ホテルに帰ってゆっくりするもよし、まだ飲み足りない人は、2軒目へ。明日の集合時間だけには遅れないでくださいね~~~

 

*.:・.。*2日目*.:・.。*

朝はちょっとゆっくりめの集合。ホテルの朝食を楽しむ人、早起きして、ホテルの周りを散策し、喫茶店のモーニングを楽しむ人、それぞれでしたが、集合時間には元気な顔で、全員集合。さて、2日目、出発で~す!

 

まずは、「備前焼ギャラリーしょうざん」にて、陶芸の体験。

ここでは、土ひねり体験。粘土を手回しろくろの中央に置き、中心から穴を作っていきます。そして、手回しろくろを回しながら、形を整えていきます。コップ、お椀、お皿、花瓶・・・思い思いの作品を作り上げます。あとは、乾燥後、職人さんに窯で焼きあげてもらいます。2カ月後、焼きあがった作品が会社に届くのが楽しみですね♪

 

続いては、「備前長船刀剣博物館」へ。

【「五箇伝」のひとつ「備前伝」の中心地として知られる長船は、平安時代から数多くの刀匠を輩出しており、現存する約270万振りの日本刀の約半数、国宝では指定されている111振りのうちの半分に該当する47振りが備前伝の日本刀です。備前長船刀剣博物館の展示室には約40振りの日本刀が展示され、刀装具、作刀工程や研磨工程に関する資料も展示。】(※HPより引用)

ちょうど”古式鍛錬”が見れる時間帯だったのですが・・・お客さんが多くて、音は聞こえてくるのですが、作業されているところは全然見えず。身長の高い子が、手をいっぱいに伸ばしてスマホで撮っているのを、後ろから見てました(笑)

お昼になり、特産品満載のドライブイン「西の屋 赤坂店」で昼食です。

ままかりが乗ったちらし寿司、たこしゃぶ、茶わん蒸し。最後のお食事にふさわしく、胃に優しい、暖かいメニューに心もほっこり。ここは、最後のお土産ポイント。お菓子からお漬物など、幅広いラインナップで、何を買って帰るか、とても悩みました。

 

最後のスポットは、「サッポロワイン 岡山ワイナリー」

建物に入ってすぐのところで、説明を聞き、工場は、自由に見学でき、順路にある黄色のボタンを押すと、工程の説明が流れるという仕組み。工場の方はお休みだったので、ラインが動いているのは見れませんでしたが、普段は見ることのない工場内が見れて、勉強になりました。工場見学が終わったら、ショップに移動して、ワインのテイスティングをしたり、アルコールの入っていないジュースを試飲したり。マスカットを使ったワインが、香りはとても甘いのに、香りからは想像できないほど、甘みが抑えられたスッキリとした味わいでした。いたく気に入り、フルボトルを購入してしまいました。さて、いつ飲むかな☆

岡山ワイナリーを出発し、帰路につきます。帰りのバスの中では、恒例のビンゴ大会が催されました。ビンゴの景品は、この旅行中に旅行委員さんが、各スポットで目についたものを買って、景品として集めていました。それも人数分はないので、当たらなかった人には、この旅行用に用意したお菓子が余っていたので、もってけドロボー、色々なお菓子を景品に(笑)

ビンゴ大会も終わり、車内でDVDを見ながら、まったりと。そして、17時過ぎに、ケガ人も病人も出ることなく、無事に会社まで帰ってきました。

弊社に実習生として働きに来てくれているベトナム人の社員と、旅行の中で話すことができたのが、よかったです。普段の仕事中には、プライベートな話をすることも少なく、旅行だからこそ、一緒に過ごす時間が多いので、話すこともできます。彼らのいい思い出にもなったのではないかなと思います。

最後に、この旅行のために準備してくれた旅行委員さん、この旅行のプランニング&添乗していただいたプラスツーリスト㈱様、大変お世話になりました。おかげでとても楽しい旅行になりました。ありがとうございました。

 

Planing by プラスツーリスト株式会社

http://plus-tourist.co.jp/index.html

 

 

 

 

 

-福利厚生

Copyright© サント機工株式会社 , 2020 AllRights Reserved.