記事一覧

平成27年度組合忘年会

2015年12月04日

今年も恒例、組合の忘年会が12月4日に開催されました。

今年は、亀甲屋さんでお世話になりました。

組合長のあいさつ、社長のあいさつが終わり、待ちに待った、
乾杯です!
司会者と目が合ってしまった人が、指名されていました。

ファイル 129-2.jpg

普段は、仕事に追われ、なかなか一緒にご飯を食べる機会が
ないものです。そんなに話したことない人とも、忘年会を機に
意気投合・・・なんてことも♪

ファイル 129-1.jpg

おいしいお酒に、おいしいお料理!
言うことなしです♪

今年も、ベトナムから、新しい仲間が来てくれました。
まだ、日本語は拙いところはありますが、一生懸命スピーチします。

ファイル 129-3.jpg

3年間、よろしくお願いしますm(_ _)m

毎年恒例、ビンゴ大会。
先にビンゴになっても、いいものが当たるとは限りません!
ビンゴになって、なおかつ、くじ運もよくないと!

さて、皆様、何が当たりましたか?
お目当てのものは当たりましたでしょうか?

ファイル 129-4.jpg

中身は、まだ分からなくとも、当たれば嬉しい!
忘年会でリフレッシュして、また明日から頑張っていきましょう!

慰安旅行@金沢 その⑦

2015年04月08日

バスに乗って、また飲み始める人、疲れて眠る人、DVDを見る人。
皆さま、お疲れ様でした!

しかし、まだ終わらない!
旅行委員&プラスツーリストさんのお楽しみ企画、第2弾!
恒例になってきました、ビンゴ大会。
景品は、旅行の間に、旅行委員とプラスツーリストさんが、
現地で調達。
さてさて、何が当たるかな?

ファイル 111-1.jpg

一番最初にビンゴになった人には、箔一本店 箔巧館(はくこうかん)の
お箸が当たりました! おめでとうございます♪

ちなみに、私はコレ。
金箔ラスクでした♪

道も混んでなくて、スムーズに走れたため、予定より早めの到着となりました。
怪我なく、病気なく、無事に帰ってこれました。
旅行でリフレッシュしたので、またお仕事頑張りましょう♪

今回も、プラスツーリストさんにお世話になりました。
楽しい旅路を、ありがとうございました♪♪

プラスツーリスト株式会社
〒623-0016
京都府綾部市西町1-48-1
TEL 0773-42-2055
FAX 0773-42-2044
http://plus-tourist.co.jp/
ファイル 111-2.jpg

慰安旅行@金沢 その⑥

2015年04月08日

2日目のお昼ご飯は、近江町市場。
昼食も、ここで自由に食べます。

新鮮な海の幸が豊富! カキ、エビ、カニ♪
店頭で食べれるお店もありました。

ファイル 110-1.jpg

そして、海の幸だけでなく、フルーツもたくさんあったのが
印象的でした。
生のオレンジにストローをさして飲む、オレンジジュース。
イチゴが串にさしてあり、歩きながら食べれたり。
近江町市場と言えば、海鮮丼。
海鮮丼を食べさせてくれるお店があちらこちらに。
11時開店のお店が多そうな感じでしたが、早くも行列が。。。
行列に並ぶと、集合時間に遅れそうなので、空いてそうなお店に
お昼の時間より早く入りました。

ファイル 110-2.jpg

海鮮丼に、まぐろ丼。
私は、ホテルの朝ご飯をモリモリ食べたので、小盛り丼で。
小盛り丼でも、なかなかのボリュームでした。
金沢では、8番ラーメンも有名だそうです。

お土産に、カニを買う人、白エビのおせんべい、甘エビの塩辛、
金沢の地酒。何でも揃う市場でした。

お腹いっぱいになって、眠たいな~とまどろむ中、着いたのは
箔一本店 箔巧館(はくこうかん)
ここでは、金箔貼りの体験をします。

ファイル 110-3.jpg

漆塗り?の菓子器に自分の好きな模様を選らんで、貼ります。
まずは、模様を4つ選んで、どこに配置するか、考えます。
決まったら、模様がシールになっているので、貼ります。
貼れたら、お店のお姉さんに、接着剤を塗ってもらって、5分待ちます。
5分経ったら、金箔を貼ります。
金箔は大変薄いため、和紙には静電気の力のみでくっついています。
指で触ると剥がれてしまうので、触らないように気をつけて、模様の上に
貼り合せて行きます。
指のお腹で、模様に埋め込みます。そしてシールを剥がすと、金色の模様付けが
できました。お店のお姉さんにコーティング剤を塗ってもらって、出来上がり♪

ファイル 110-4.jpg

箔一カフェでは、なんと金箔ソフトなるものが!!
ソフトクリームに金粉が振りかけてあるのが、450円。
それだけでも豪華なソフトクリームですが、さらに金箔が!
お値段は、箔一に合わせまして、891円。
なんとも、煌びやかなソフトクリームでした。

これで、全旅程が終了しました。
一同、会社を目指して帰路につきます。

その⑦へと、つづく・・・

慰安旅行@金沢 その⑤

2015年04月08日

慰安旅行2日目は、、日本三名園の1つ「兼六園」の参拝から始まりました。

兼六園は、江戸時代、加賀藩の庭園として造られたことに端を発する。
延宝4年(1676年)に5代藩主前田綱紀が「蓮池亭(れんちてい)」を造り、
その庭を「蓮池庭(れんちてい)」と呼んだのが始まりとされている。
これは、蓮池門(れんちもん)を入った辺りであり、現在7つある門の中で
正門とされている。当時は、金沢城の外郭として城に属していた。
南端(石川門と反対側)にある山崎山は、惣構土塁の一部である。
13代藩主前田斉泰が現在のものにほぼ近い形にしたとされる。
「兼六園」の名称が定められたのもこの頃である。
名称は宋代の詩人・李格非が『洛陽名園記』の中で、中国洛陽の
名園「湖園」を謳った「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の
六つを兼ね備える名園」に倣い、文政5年に白河楽翁公(松平定信)によって
命名されたそうです。

ファイル 109-1.jpg

根上松
ファイル 109-2.jpg

唐崎松
ファイル 109-3.jpg

雁行橋
ファイル 109-4.jpg

日本三名園の1つ。
他の2つも行ってみたくなりました。

その⑥へと、つづく・・・

慰安旅行@金沢 その④

2015年04月08日

今宵のお宿は、金沢駅近くの、マンテンホテル。
金沢駅からほど近いところにありました。
一旦荷物を各自の部屋に置いて、再度集合。
夕食の場所へ。

夕食は、加賀料理「秋月」
加賀料理とは、新しいものと古いものがみごとに融合した
「伝統リミックス」。
料理とは、舌で味わい、そして眼で味わうもの。
加賀料理は、料理と器の絶妙のマッチングで生み出された文化です。
日本海の新鮮な海の幸。 霊峰白山を源とする水の幸。 山々で採れる
山の幸。加賀平野が生み出す野の幸。 金沢の豊かな自然環境が
もたらしてくれる四季折々の食材を料理して器に盛る。そんな郷土
料理に、金沢のおもてなしの心がプラスされて、加賀料理は
生まれました。

ファイル 108-1.jpg

治部煮(じぶに)は、古都金沢を代表する郷土料理。
本来、加賀藩前田家と親交のあったキリシタン大名「高山右近」が
藩滞在の折に伝えた欧風料理だとか。

鴨肉(古くは、小鳥)をそぎ切りして小麦粉をまぶし、だし汁に醤油、
みりん、砂糖、酒を合わせた中に名物生麩(すだれ麩等)、しいたけ、
セリなどの季節料理を入れ、煮る。それに水とき小麦粉でとろみをつけ
山葵をそえて出来上がり。体の芯からあたたまる加賀料理です。

「治部煮」名前の由来
・豊臣秀吉の兵糧奉行だった「岡部治部右衛門」が、朝鮮からこの料理
 を持ち込んだことから。
・煮る時に「じぶじぶ」と音がするので。
・鴨肉と小麦粉を使うことから、フランス料理の「ジビエ」が変化した。
…と、いろいろな説がありますが、
本当の事はわからないとのことです。

すべてのお料理に金箔が入っていました。

普段は、なかなかゆっくり話すことは難しいものです。
お酒も入って、陽気にお喋りです。

ファイル 108-2.jpg

カラオケも始まりました!

ファイル 108-3.jpg

アニメソングからSMAPまで。
誰がキムタクでしょうか?

加賀料理を堪能した後は、金沢の繁華街、片町に繰り出す人、
金沢駅前で飲みなおす人、ホテルに戻って、ゆっくりする人、
思い思いに過ごした夜となりました。
さて、2日目のみんなの顔は、どんなでしょう。。。

その⑤へと、つづく・・・

慰安旅行@金沢 その③

2015年04月08日

そして、次に向かったのは、「日本自動車博物館」
日本自動車博物館は、創設者である前田彰三初代館長の並々ならぬ
情熱と、多くの方々の協力により、1978(昭和53)年11月に、日本で
最初の自動車博物館として富山県小矢部市で誕生。
1995(平成7)年6月に、石川県小松市に新築移転し現在に至っています。
時代とともに、私たちの夢を乗せて走り続けたモーターカーの数々。
日本車はもちろんのこと、アメリカ車、イギリス車、ドイツ車、
イタリア車など、豊富なラインナップです。

ファイル 107-1.jpg ファイル 107-2.jpg

クラシックカーはもちろんのこと、この博物館はトイレも
ちょっと変わっていました。

ファイル 107-3.jpg

世界各国の便器が設置されていました。
国によって、様々なデザインがあるのですね。

日本自動車博物館を後にして、宿泊先に向かいます。

その④へと、つづく・・・

慰安旅行@金沢 その②

2015年04月08日

どこでお昼ご飯を食べれるのだろう?とワクワクしていると。
到着したそこは・・・
『大江戸温泉物語 あわら』でした!

ファイル 106-1.jpg

ここで、ランチバイキング♪
日本海に面した金沢。海の幸が豊富なバイキングでした。

ファイル 106-2.jpg

男性社員の多い弊社は、バイキングだと、女性は食べたいものを
少しずつ、男性社員は好きなものをガッツリ!食べれていいですね♪

ファイル 106-3.jpg

ランチ+日帰り温泉+タオルのプランで、ランチバイキングして、
お風呂へ入るもヨシ、マンガを読むもヨシ、卓球するもヨシ。
会長は、お風呂へ、社長は卓球、専務、常務は若手社員を連れて、
ゲームを。
集合時間まで、ゆっくりとした時間を過ごせました。

続いて向かったのは・・・

その③へと、つづく・・・

慰安旅行@金沢 その①

2015年04月08日

先日、社員旅行に行ってきました。
今が旬の“金沢”に・・・バスで~☆

すっきり晴れた春の朝、8時30分に会社を出発・・・

毎年恒例、社員旅行の始まりです♪

よいお天気に恵まれ、定刻を待たずに、少しだけ早めに出発。
目指すは、北陸!
北陸新幹線が開通して、今が旬の金沢へ向けて、Go! Go!

バスが走り始めて数分、宴会開始~♪

ファイル 105-1.jpg

若狭自動車道が小浜~敦賀が開通したため、北陸道までが
ぐっと近くなりました。
最初の休憩は、三方五湖のサービスエリア。
三方五湖が一望できる、キレイなサービスエリアでした。

ファイル 105-2.jpg

本当にいいお天気で、気持ちの良い日差し&風でした。

最初の旅程は・・・
ファイル 105-3.jpg

となっていて、伏せられていた行程。
旅行委員さん&プラスツーリストさんの「お楽しみ企画」第1弾!

さてさて、どこへ向かうのでしょうか?

その②へと、つづく。。。

忘年会 in ゆらり(広小路)

2014年12月20日

2014年もあとわずか!
年末までの追い込みの合間に・・・
サント忘年会 in ゆらり♪

今年は、ゆらり広小路店様でお世話になりました。

組合長のあいさつに始まり、社長よりごあいさつをいただきました。

ファイル 103-1.jpg


そして、毎年恒例、組合執行役員より指名された人が乾杯の発声!
“カンパ~イ!!”の声とともに、宴会のスタートです。

ファイル 103-2.jpg


普段は、機械に向き合っていることが多く、ゆっくり話すことが
できない中、たまにはグラスを傾けながら、コミュニケーション♪
また、部署が違うため、顔を合わす機会が少ない社員さん同士も
今日は、のんびりとお話!

ファイル 103-3.jpg


今年のビンゴ大会も、豪華景品が並んでいました!
目玉商品をゲットした人もいれば、早くにリーチになるものの、
なかなか上がれない人もいました。


続いては、今年も当社にやってきてくれました。
ベトナム人実習生。
また、9月には新しい仲間も増えました!

ファイル 103-4.jpg


限られた時間ではありましたが、つかの間の休息。
おいしいお料理とお酒、そして楽しいお喋りでリフレッシュでした♪

2014年社員旅行in岐阜 パート4

2014年04月14日

旅行2日目は、あいにくの雨・・・

気分を取り直して、2日目に向かったのは、
世界遺産の白川郷合掌村。

ファイル 97-1.jpg

「合掌造り」とは、「小屋内を積極的に利用するために、
叉首構造の切妻造り屋根とした茅葺きの家屋」のことで、
日本の他の地域にはみられない、白川郷と五箇山地方のみに
存在する大変特色のある民家の形式です。小屋が叉首(サス、「ガッショウ」とも呼ばれる)
による構造となっていること、あるいは、屋根が両手を合わせた
ような形になっていることから、合掌造りと呼ばれるように
なったと思われます。

ファイル 97-2.jpg

3月も終わりになったというのに、白川郷には雪が残っていました。
1月・2月の特定日(全7回)には、期間限定で、白川郷合掌造り集落のライトアップが行われるそうです。
雪が降り続くなか、合掌家屋の窓に明かりがともり、かやぶき屋根に積もった雪は、
照明灯の光に白く照らし出されます。幻想的な世界遺産のライトアップも人気があるそうですよ。

白川郷を後にして、流響の里で、お昼ご飯です。

ファイル 97-3.jpg

飛騨牛の他に、朴葉味噌も有名です。

朴葉味噌(ほおばみそ)とは飛騨(現在の岐阜県北部)高山地方の郷土料理であり、
自家製の味噌にネギなどの薬味、椎茸などの山菜・茸をからめたものを朴の葉に乗せて焼き、
ご飯に乗せて食べるのが有名ですが、近年では、朴葉味噌の上に野菜や肉を
乗せて焼く方法もあるそうです。

塩分控えめで、鶏肉によく合い、ご飯が進む一品でした。

ご飯の後は、徒歩で移動して、食品サンプルを作る体験をしました。
レストランの外のウィンドウにあるアレですね。
今回は、天ぷらとレタスを作りました。

まず、天ぷらにしたい具材を選びます。
お姉さんの指示に従って、蝋をぬるま湯に向けて高いところから
落とします。その上に具材を乗せて、蝋を少しかけ、ひっくり返したら、
なんと! 天ぷらに見えるではありませんか!

ファイル 97-4.jpg

続いて、レタスを作りました。
お湯の中で、ゆらゆらと蝋を引っ張るのですが、なかなか難しい。
そのあと、レタスの形に自分で整えるのですが、「レタスって
どんなだったっけ?」となり、これまた難しい。

ファイル 97-5.jpg

展示してあるものには、ラーメンや焼きそば、こぼれたラーメンなどが
ありました。これらも、当社の仕事同様、技術のいる仕事であり、
また、技術を継承することも大事なのだと感じました。

これで全行程、終了です。
後は、綾部に帰るのみ。

仕事を離れて、人付き合いをすると、仕事中では見えなかった一面に
出会うことができます。そうした中で、人の考え方、人付き合いの方法を
感じ取り、信頼関係を作っていくことは大事なことだと思います。

皆様、お疲れ様でした!
また仕事、頑張りましょう!!

今年もプラスツーリスト様に旅行の手配をお願いしました。
〒623-0016
京都府綾部市西町1-48-1
TEL 0773-42-2055
FAX 0773-42-2044
http://plus-tourist.co.jp/

いつも楽しい企画をありがとうございます。

2014年社員旅行in岐阜、無事終了です。

ページ移動